下諏訪ライオンズクラブ:各種ご案内

クラブ内規

下諏訪ライオンズクラブ 内規

(前文)
 この内規は、下諏訪ライオンズクラブが友愛と奉仕の旗印の許に、永遠に反映と団結を維持して行こうという祈りの許に、ライオンズクラブ国際協定が定めるクラブ標準会則の他に、地域の実情に則して作られたものである。よって、日常のクラブ運営の実際は、クラブ標準会則と本内規を併用して円満裡に行われるものとする。

1. 役員・理事の詮衝方法規定
(1)毎年2月例会に於いて、現会長より次期役員、理事の候補者を選考するために指名委員を任命し、発表する。指名委員は、理事の経歴者及び会長が必要と認めるメンバー11人(三役を含む)を以って構成する。指名委員会の長は、委員の互選とする。
(2)指名委員は、日を定めて委員会を開き、第一副会長・第二副会長・監査委員・副幹事・副会計・副ライオンテーマ・副テールツイスター及び理事の半数を3月第2例会までに詮衝し、候補者として決定する。
 ただし、副幹事・副会計の選任については、次期第一副会長の意見を尊重する。
(3)指名委員長は、4月第1例会に於て既に決定された候補者の氏名を発表し、出席会員(指名者を含めて)の過半数の賛成を以って当選、指名されたものとする。
(4)第一副会長は会長に、副幹事・副会計・副ライオンテーマ・副テールツイスターは、それぞれ「正」に特別な理由がない限り自動的に就任するものとする。
(5)役員の任期は、ライオンズ必携に従うものとする。

2. 優待会員
 15年以上クラブ会員であって、病気、虚弱、老齢その他クラブ理事の認める正当な理由により正会員であることを放棄した者。優待会員はクラブが課す会費を納入しなければならない。その会費には地区及び国際会費が含まれる。優待会員は投票権及び会員としてのその他の全ての特権を持つが、クラブ・地区または国際協会の会員になることはできない。当クラブではその額を年会費の2分の1とする。
3. 終身会員規定
 会則、不測終身会員規定の内、クラブは終身会員に対して適当な額の会費を課す事ができる。
 当クラブではその額を年会費の3分の1とする。

4. クラブ入会規定
 入会に際しては、会則に定めるほか次の各項によるものとする。
第1項 新入会員の申し込みは、スポンサーしようとする会員が所定の申し込み書に必要な事項を記入し、理事会の一週間前までにGMT委員長に提出しなければならない。
第2項 GMT委員会は、入会希望者の資格を審査しその適否を理事会に文章を以って答申し、理事会に於いて審査決定する。
第3項 新入会員をスポンサーしようとする者は、自分自身がクラブ入会後3年以上経過したグットスタンディングメンバーでえなければならない。
第4項 スポンサーは、新入会員入会後は例会出席及び諸経費(ファインを含む)納入に関しての責任をおう。

5. 会 費
(1)入会金 20,000円
(2)年会費は、毎年理事会で決定する。但し転任に伴う新入会員は全任者の残存期間中の会費の納入をする。
 尚、新入会員の会費は入会の月より年会費(預り金、積立金、共済掛金を除く)×入会の月から年度末までの月数/12の月割り方式で納入する。
 但し、7月〜12月間入会の者は、入会時に12月までの月割り会費をまた、1月〜6月間入会の者は、入会時経6月までの月割り会費を納入する。
(3)年会費の納入は年度理事会に於て分割納入等方法を決定しその期日までに金融機関又は事務局に納入するものとする。但し1ヶ年分前納する事を防げない。
(4)退会者の既納金は返戻しない。
(5)その他、臨時の行事により出費に対してはその都度徴収する。
(6)会費・入会金等について変更を必要とする時は、理事会に於て検討、例会で決定する。
(7)不在会員に課す年会費には預り金を含まないものとする。
 但し年度中途にて不在会員となった者又は正会員に復帰した者に対する預り金についてはその徴収可否を都度理事会に於て決定する。

6. クラブ退会規定
 クラブを退会しようとする者は、ライオンズ必携に定めるほか、スポンサーの承認書を添えて、GMT委員長又は会長に提出するものとする。

7. 出席既定
 クラブはクラブの会合と活動への規則正しい参加を奨励しなければならない。
 会員が引き続き会合または活動に参加しない時は、クラブはその会員と連絡を取り、規則正しい参加を奨励するようあらゆる努力をする。

8. クラブ慶弔規定
第1項 慶事
(1)会員が国・県・町等より表彰された時には、三役で協議の上、記念品を贈り敬意を表する。
(2)会員本人の結婚 20,000円
(3)会員の子女の結婚 10,000円
第2項 弔事
(1)本人の死亡 弔旗・弔辞
  香典 20,000円
  生花 一基
(2)配偶者死亡 弔旗・生花一基
  香典 10,000円
  (3)直系親族死亡(父母、子供) 弔旗・生花一基
  香典 5,000円
(追記)(註)(1)弔旗・弔辞は喪主の要請があった場合のみ対応する。
第3項 見舞
(1)会員入院(2週間以上) 10,000円
(2)配偶者(2週間以上) 5,000円
(3)災害に関する見舞いについては、その状況によってその都度理事会で決定するものとする。
第4項 職員の慶弔に関しては、その都度三役に於いて決定するものとする。
第5項 上記の他、必要と認めた場合は三役に一任決定するものとする。
第6項 弔事の際は、クラブ三役又はその代理者が必ず出席するものとする。
第7項 姉妹クラブ南知多ライオンズクラブに対して内規
(1)会員死亡 香典 10,000円
  生花又は花輪 南知多地区の風習にあわせる
(2)下諏訪ライオンズクラブ員及び家族の死亡時連絡があった場合は下諏訪ライオンズクラブ員にはお知らせとして関係者は対応して下さいと連絡をする。FAX送信(両クラブ同じとする)
(3)上記の事例が発生した時は三役が対応する。
第8項 下諏訪ライオンズクラブ退会者に対しての内規
  本人死亡 香典 10,000円
  生花一基
(註)(1)下諏訪ライオンズクラブ移籍を含めて在籍15年以上とする。
(2)下諏訪ライオンズクラブを円満退会者とする。
(3)事例発生時は理事会で承認を受ける事が原則だが緊急の場合は三役及び第一、二副会長の承認を受ける事。

9. ファインに関する規定
 凡ね標準会則によるものとするが、下記の場合についての金額は、本内規によるものとする。
 尚、特別な場合にはテールツイスターは、出席会員の承認を得て、1例会一会員からの2度或いはそれ以上ファインを課することも認められるものとする。
(1)事前に連絡した場合を除き、会合に遅刻した場合 100円
(2)会合にバッチの着用を忘れた場合 100円
(3)出席の返信がありながら、無連絡で欠席した場合
  昼食会 1,000円
  夕食会 3,000円
 尚、本項の言う会合とは、例会・理事会・委員会及び特別会合等、クラブ主催による会合のすべてを含むものとする。

10. 表彰規定
 本規定は、第1項 一般地域社会人又は団体であって、本クラブの活動の趣旨を十分に理解され協力又は支持をして下さった場合に行う対外表彰。第2項 クラブメンバーが、よりライオンズ活動に精進しようとする意欲を起こせしめるために、又は著しくクラブのために貢献した場合に行う対内表彰とに分けられる。
第1項 対外表彰
 三役と理事会の協議により、その都度その事例に対処することとする。
 但し、必ずライオンズマークの入った賞状又は記念品を贈る。
 贈呈式は原則として、クラブ例会の席上厳粛に行われるものとする。
第2項 対内表彰
 本規定の趣旨に基づき、各委員長並びに三役に於いて立案し、理事会の承認を得てしかるべき例会の席上行われるものとする。
 本規程を行う場合、クラブPR委員会はその趣旨をメンバーにも周知せしめると共に、報道機関にももれなくニュースレター以って連絡することとする。
第3項 特別優良会員に感謝状の贈呈
 記念品の贈呈(¥20,000〜30,000相当)
(註)(1)下諏訪ライオンズクラブ移籍を含めて在籍30年以上とする。
(2)下諏訪ライオンズクラブ在籍中の出席率60%以上とする。
(3)事例発生時は理事会で承認を受けること。
 但し必ずライオンズマークの入った賞状又は記念品を贈る。
 贈呈式は原則としてクラブ例会の席上厳粛に行われるものとする。

11. メークアップ規定
 ライオンズ必携によるものとするが、次の各項目のみに本クラブ独自の見解を加えるものとする。
(1)公務の解釈は、所謂公務であり、社用等は認めないものとする。
(2)地区、キャビネット主催による会合は対象となる。
(3)その他、理事会に於いて適当と認めた場合、対象として適用される。

12. 旅費規定
第1項 本クラブの会員及び職員がクラブを代表し、クラブ会長の要請により出張する場合で、第2項に該当するものに限りこの規定を適用する。
第2項 複合地区年次大会代議員、地区年次大会代議員、ギャビネット会議、リジョン会議、諮問委員会及びキャビネット、リジョン又はゾーン主催(地区委員長、地区委員主催を含む)の研修会、協議会。
但し、別途にクラブ以外で費用を支給した場合を除く。
第3項 チャーターナイト・○○周年記念式典に参加する場合の登録料金は原則として1/2をクラブ負担とする。但し5,000円を限度とする。(全員登録及び例会振替又はそれに準ずる場合は除く)
 特別の場合は理事会に於いて決定する。但し緊急の場合で理事会で審議できないときは三役協議のうえ決定し遅滞なく理事会に報告する。
第4項 支給項目は、旅費、宿泊費、登録料として夫々支給限度を定める。
 1号 旅費…鉄道の最短距離順路による普通運賃と特急及び急行料金の合算額とする。
 2号 宿泊料…日帰り出張が困難と認められる場合に限り5,000円を限度に実費を支給する。
 3号 自家用車を使用した場合は、車の提供者に1kmにつき35円(但し1Rの1Z内は除く)並びに有料道路通行料を支給し、同乗者には車賃は支給しない。
 4号 12.旅費規程第4項の1号〜3号合算の支給限度を1人15,000円として、参加人員に関係なく1件当たりの総額70,000円を限度とする。
第5項 クラブでチャーターしたバスを利用した場合の旅費は支給しない。
 尚、この際個人的度単独行動及び出発時間に遅刻した者についての別途支給は行わない。
第6項 請求方法
(1)出発の一週間前から帰町後10日以内にクラブ所定の用紙により請求する。
(2)所定の期間内に請求のない場合は、時効とする。

13. 入会式様式規定
 新入会員の入会式については、ライオンズクラブに入会し今後社会奉仕活動に精進することを決意せしめる様に厳粛に行われるべきものでる。
 その方法及び次第については、当年度GMT委員会に於いて最も適当と思われる方法を考案するものとする。

14. 監査委員規定
 財務委員とは別に監査委員2名を置き、クラブ事務に関する書類及び会計に関する書類一切を半期毎に監査し、理事会並びに例会において報告するものとする。
 但し、監査委員は五役並びに財務委員以外の役員を兼務することができる。

附 記
 本内規は、あくまでも現時点における当クラブ及び地域の実情に則して作られたものであり、決して固定化したものではない。
 時勢或いは経済の変動に従って、変更が必要と認められた時は、会長及び理事会の要請により、会則委員会が検討し、変更事項のある場合は適宜修正の上、理事会を経て例会に於いて決定されるべきものである。

追 記
 下諏訪ライオンズクラブ委員会構成について、毎期検討してキャビネット及び時代に合わせて変更してもよい。
 但し、理事会の承認を受ける事。

 本内規は、昭和53年(1987年)12月1日より発効するものとする。
 昭和57年(1982年)3月1日一部改正
 昭和60年(1985年)3月1日一部改正
 昭和62年(1987年)3月1日一部改正
 平成元年(1989年)3月1日一部改正
 平成11年(1999年)3月12日一部改正
 平成20年(2008年)4月18日一部改正
 平成22年(2010年)6月4日一部改正
 平成25年(2013年)7月1日一部改正

出席メーク・アップ規則
1. 例会の前後それぞれ13日間以内に次のいずれかに該当する場合は例会に出席したものとみなされる。
(a)他クラブの例会あるいは特別会合への出席
(b)所属クラブの理事会の会合への出席
(c)所属クラブの常設委員会の正式会合への出席
(d)所属クラブの主催の会合(クラブ・アクティビティ資金獲得活動を含む)への出席
(e)リジョンあるいはゾーンの会合への出席
(f)国際大会、東洋・東南アジアフォーラム複合地区、地区大会またはその他の正式なライオンズの会合への出席
(g)上記期間中における国際本部、外国の地区あるいは複合地区(state)事務局訪問(訪問の証明書が用意されている)
2. 病気のため欠席した会員は医師の診断書を提出することによって自動的に出席したものとみなされる。
3. 証人として裁判所出席、公務出張、公職選挙法による公職、条例の要請のため欠席した会員は出席したものとみなされる。
 この場合証明書の提出を求めるかどうかはクラブの理事会が決定する。
4. 職務の関係で相当日数にわたる出張(海外出張を含む)のため、例会に出席不可能であり、クラブが正当と判断した場合は出席とみなされる。
5. 近親者(配偶者、2親等内の血族および1親等内の婚姻)の喪に服する場合、10日間以内は出席とみなされる。
6. 会員が出席メーク・アップの必要要件を満たしていることを証明する責任はクラブ幹事にある。